バレニクリンのメカニズム

喫煙することによるタバコの健康被害は、以前より知られているもので肺がんなどのリスクを高めてしまいます。
病気のリスクを下げるためには禁煙することが重要となり、タバコを止めるためには禁煙補助剤というものがあります。
禁煙補助剤として医療機関で処方されるものには、バレニクリンという種類の医薬品があります。
タバコには常習性があることが知られているわけですが、これはタバコに含まれているニコチンが脳に存在しているニコチン受容体と結合することによって発生する、ドーパミンの影響によるものです。
ドーパミンは神経伝達物質の1種で、快楽物質とも呼ばれており、幸福感を得られるものとなります。
タバコを吸うことによってドーパミンが脳内で分泌されますので、それによって快感を得られるために止められなくなってしまう仕組みというわけです。
禁煙補助剤であるバレニクリンは、ニコチン受容体に少量だけ活性化する作用を持っている薬で、バレニクリンがニコチン受容体と結合してしまうために、禁断症状を抑えられるメカニズムとなります。
通常の薬の場合には受容体を100%活性化させるか、完全に阻害するかの効果をもたらすものと考えられますが、バレニクリンは中途半端に受容体を活性化させることによって禁煙を補助する役割を果たします。
バレニクリンの効果によって、ニコチンが受容体と結合することを阻害することが可能になりますので、喫煙することによる満足感を得られなくなります。
タバコを吸うことによって得られる満足感を感じることができなくなるために、徐々に喫煙を繰り返さなくなる仕組みで禁煙効果を得られる薬です。
バレニクリンは医薬品となりますので、健康保険が適用されます。
医療機関において医師の診察を受けることによって処方してもらうことが可能で、およそ12週間の治療が必要になります。

▼本気で煙草をやめたい方必見!
禁煙成功率92%チャンピックスにおまかせ