アレン・カーの禁煙セラピーの本とバレニクリンで治療

たばこが健康を害することは広く知られており、そのために禁煙することが推奨されています。
たばこを吸うことが止められない原因として、ニコチン中毒であることが考えられ、ニコチンの作用によって脳内でドーパミンが放出されるために止めることが難しいと言われています。
たばこを止めるためには、自分に適した方法を見つけることが効果を上げる要因となります。
イギリス人であるアレン・カーが考案したと言われる禁煙方法があり、その内容が記されている本である禁煙セラピーは世界的なベストセラーとなっています。
アレン・カーの禁煙セラピーでは、ニコチンは中毒性の高いものであることや、禁煙に対する恐怖などが書かれています。
アレン・カーはヘビースモーカーだったということで、禁煙をしたい人にとって説得力のある本と言えます。
楽しい禁煙方法を実践することで成功率を上げることができますので、ニコチンを含まない治療法を行うことが大切です。
ニコチンを含んでいない禁煙補助剤としてバレニクリンがあり、受容体と結びつくことでドーパミンを放出させますので、離脱症状を感じることなく治療ができる特徴があります。
バレニクリンによる禁煙治療は楽しいと言われており、成功率はとても高いものとなっています。
バレニクリンを服用する治療法では、いきなり禁煙をはじめる必要はなく、徐々にたばこの本数を減らしていきます。
バレニクリンを服用している間に喫煙を行ったとしても、バレニクリンによる受容体が刺激されている状態が継続することになり、喫煙による満足感を減らす効果があります。
たばこを少しずつ減らしていくことによって、楽しい治療が行える方法として注目されています。